在宅医療とは?

患者さんが住まわれているご自宅や、病院以外の療養先で医療提供を受けることを在宅医療と呼び、
大別すると”訪問診療”と”往診”とに分けられます。

”訪問診療”と”往診”とでは 何が違うのでしょうか。


❶ 訪問診療とは

訪問診療とは、例えて言うなら『定期宅配便屋さん』です。

※当院はこちらを重点的に行っております。

 

★定期的かつ計画的に自宅や施設などへ訪問し診療を行います。

日時をお約束し,て定期的かつ計画的に医師が訪問し、診療・治療・薬の処方・指導等を行っていきます。患者さんやご家族・関係者の方々から病歴、病状、家族の介護力、経済的な事情など詳しく伺いながら、関連医療機関などからも情報収集を行い、どのような治療を受けられたいのか、どのように自宅で過ごしたいのかを相談し、そのうえで診療計画や訪問スケジュールをたてていきます。


❷ 往診とは?

往診とは、例えて言うなら『出前のそば屋さん』です。

★通院できない患者さんから臨時の要請を受けて、かかりつけ医がご自宅に訪問し診療を行います。

医師が月に1回〜数回、訪問して診療を行うことにより、ご自宅や施設にいながら容態悪化の予防や早期発見に努め、長期療養ができるようお力添えしていきます。

突発的な病状の変化に対し、救急車を呼ぶほどでもない場合などにかかりつけ医が訪問します。

(基本的には困ったときの臨時の手段です)

当院では初診の方は往診対象外ですが、今後かかりつけ医を希望される場合には、初診でも往診可能です。

 

今までかかりつけ医の受診が全く無い方でも、ご相談の上往診を受け付けております。


かかりつけ医とは?

日ごろから病気や健康に関することを何でも相談できる”地域のお医者さん”のことを「かかりつけ医」といいます。

第一のかかりつけ医に!

当院は、状態が悪化したり急変した際、
緊急に訪問して臨機応変に対応する
「第一のかかりつけ医」として、
患者様を24時間体制でサポートします!

24時間の対応を行うことで、その人がその人らしく最期までご自宅で過ごせるようサポートいたします。

(入院などご希望の場合、複数の医療機関・医師とで連携して臨むこともあります)